物語

  • 紺碧の艦隊
  • 旭日の艦隊
  • 旭日の艦隊 第1話 超戦艦日本武尊(ヤマトタケル)出撃

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・岡本英郎 作画監督/須田正巳・今川 光 制作協力/ノーサイド

    旭日の艦隊 第1話 超戦艦日本武尊(ヤマトタケル)出撃運命の開戦から4年目の“照和”20年、“後世”世界ではいまだ大戦終息への道程は遠かった。紺碧艦隊の存在は米国を牽制するのに充分な抑止力を発揮していたが、世界制覇を目論むヒトラーの台頭を許してしまった欧州は、第三帝国に蹂躙され、混迷の度合を一層深めつつあった。
    窮地に追い込まれていた英国と単独講和を果たしていた日本は、8月15日、後世日本が誇る最強不沈戦艦「日本武尊」を旗艦とした、40隻からなる旭日艦隊を援英派遣軍として出撃させた。大西洋には強敵「U-ボート」がその強靭な牙を剥いて待ち構えていた。そして、喜望峰沖で遂に日独の初海戦が行われたのである。

  • 旭日の艦隊 第2話 日本武尊(ヤマトタケル)対ビスマルクII世

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・岡本英郎 作画監督/須田正巳・重田 智

    旭日の艦隊 第2話 日本武尊(ヤマトタケル)対ビスマルクII世喜望峰沖において独海軍の潜水艦隊を撃破した旭日艦隊は、次に独軍のアフリカ侵攻を阻止するためジブラルタル海峡基地に奇襲をかけ、独装甲空母「グラーフ・ツェッペリン」を撃沈、遂に独海軍の誇る高速戦艦「ビスマルクⅡ世」を出港させることに成功した。
    ヒトラーが、自ら発案した長距離砲「ゲルマン砲」の試射に立ち会い、世界制覇の夢の実現を確信していた頃、その確信を打ち破るべく、「日本武尊」が戦闘に入ろうとしていた。それも、旭日艦隊司令長官・大石蔵良の招待でやって来たジャーナリスト達の目の前で……。まずは、独巡洋戦艦「シャルンホルスト」が日本武尊へと迫る!

  • 旭日の艦隊 第3話 巨砲鳴動ジブラルタル

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第3話 巨砲鳴動ジブラルタル旭日艦隊旗艦「日本武尊」には、建造時に試験用に作られた原寸大の同型艦が存在した。木製戦艦「八咫烏」である。既に使い道のなくなったはずのこの木造艦に奇想天外な任務を与えることを思いついた大石は、「八咫烏」を大西洋に呼び寄せた。指揮を執る海野大佐に、大石が聞かせた作戦は、その名も心臓作戦。
    「八咫烏」は、旭日艦隊本隊とは別行動の前衛遊撃艦隊に随行し、ジブラルタル要塞の攻略に向かう。これ見よがしの行動は、大石の立てた陽動作戦だった。大石の思惑通り、ドイツ第三帝国が守りを固める要塞内で、巨砲「ヘラクレス」が一斉に「八咫烏」に狙いを定める!

  • 旭日の艦隊 第4話 独逸本土空襲

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/水村雄之 制作協力/アゼータ・ピクチャーズ

    旭日の艦隊 第4話 独逸本土空襲照和21年2月、旭日艦隊の前衛遊撃艦隊はジブラルタル要塞の陥落に成功したが、それは心臓作戦のほんの序章に過ぎなかった。
    旭日艦隊本隊は、第三帝国の中枢部に直接打撃を与えるべく荒天の北海を南下していた。それを察知したヒトラーは、全天候型高速長距離機「ホルス16」を出撃させる。前世では設計のみで実戦投入されなかったが、後世においてはそれを遥かに凌駕する性能を持って試作量産に入った第三帝国の超秘密兵器である。
    恐るべきスピードで襲いかかる「ホルス16」に、「日本武尊」も主砲を向けた。日独の新兵器の激突、大西洋の海上に生き残るのは果たしてどちらか……?

  • 旭日の艦隊 第5話 ゲルマン砲台殲滅戦

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/棚澤 隆 協力/アナクロニズム84

    旭日の艦隊 第5話 ゲルマン砲台殲滅戦心臓作戦が開始され、旭日艦隊と英国空軍の合同爆撃機隊が、ドイツ本国のベルリンを空襲した。総統官邸の爆撃にも成功するが、ヒトラーは一命をとりとめた。その官邸の消火作業中、消防士・ノイマンはヒトラーの自室で戦慄の秘密文書を目撃してしまう……。
    一方、怒りに燃えるヒトラーは、ドーバー沖に日本の超戦艦がいるとして、空軍に出撃を命じた。だが、そこにいたのは日本武尊ではなく、大石の秘策によって派遣されていた囮の木製戦艦「八咫烏」であった! 
    空軍機の爆撃にも沈まない「八咫烏」に業を煮やしたヒトラーは、ドイツ軍の切り札である「ゲルマン砲」での砲撃を命じた。

  • 旭日の艦隊 第6話 超飛行艇白鳳

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/水村雄之 制作協力/アゼータ・ピクチャーズ

    旭日の艦隊 第6話 超飛行艇白鳳照和22年が明けても、英国を狙うドイツ第三帝国の勢いは衰えを見せない。心臓作戦により被った大きな打撃からの立て直しには腐心したものの、ドイツ軍の英本土侵攻作戦発動の時は刻一刻と迫っていた。
    風前の灯火の英国から科学者たちを亡命させることが決定し、後世日本は日英の技術力の粋を集めて開発された世界最大の巨大輸送飛行艇「白鳳」を派遣する。空中給油を繰り返しつつ、北極海上空を通過して目的地であるネス湖へ。ここで大石は、ある人物と秘密裏に会見した。
    亡命者たちを乗せ、独機、米機が跋扈する危険空域を再び飛行する「白鳳」に、接近しつつある機影があった……!

  • 旭日の艦隊 第7話 トド作戦発動前夜

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/山口武志 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/梶谷光春

    旭日の艦隊 第7話 トド作戦発動前夜照和21年春、名将・大石蔵良率いる旭日艦隊は、心臓作戦によって独本土に直接打撃を加え、同盟を結ぶ英国への上陸作戦の開始を遅らせた。
    そんな中、独軍将校によるヒトラー総統暗殺計画が実行されたが、失敗に終わる。皮肉にもそれによってヒトラーの野望はついえるどころか逆に激しさを増し、英国本土侵攻作戦・トド作戦の実施時期を大幅に早めることとなった。決行日は照和22年8月15日。だが、欧州各地で密かに進む独軍の配備状況を知った日本も、第三帝国への抵抗の準備を着々と進め、欧州へ強力な援軍を送ることを決定する。日本初の陸海共同作戦用特殊師団・霞部隊である。

  • 旭日の艦隊 第8話 英本土上陸作戦

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/原田吉朗・棚澤 隆 メカニック作画監督/水村雄之・梶谷光春

    旭日の艦隊 第8話 英本土上陸作戦ヒトラーの仕掛けた情報戦略によって英国政府が危機感を失っている中、旭日艦隊司令長官・大石のみが事態を正確に洞察していた。
    彼は、霞部隊の協力を仰ぎ、トド作戦に対する迎撃作戦・NC作戦を立案する。第三帝国による英本土上陸作戦が開始された。大石の警告を軽視して油断しきっていた英国を、第三帝国の列車砲弾と降下猟兵が空から襲う。大石は、後の反攻拠点確保のため、必死の列車砲破壊工作を進める。「日本武尊」の艦砲射撃が降り注ぐ中、2000名の霞部隊を乗せた半潜水強襲艇「晦天」が列車砲の並ぶラ・アーグ岬を目指す。
    後世大戦屈指の激戦を制するのは果たして……!?

  • 旭日の艦隊 第9話 影の帝国

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ/岡本英樹 演出/岡本英樹・山田弘和 メカニックデザイン・メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第9話 影の帝国ワシントン郊外にて米新聞記者・パールと日系人画家・ジェームス西は、警官に追われる少女・マリーを助ける。彼女が追われることになった背景には、合衆国を裏で操る“影の政府”によるトルーマン大統領暗殺計画があった!
    一方その頃、独逸第三帝国のヒトラーは、“影の政府”からの密使の訪問を受け、互いに手を組むことを了承する。そして、ヒトラーと“影の政府”の意を受けたベルナー少将指揮する潜水空母「スレイヴニル」が、合衆国へ向けてキール軍港を出港した。
    ようやく和平へと急速に世論が傾き始めていた合衆国と日本に、後世大戦の行方を左右する恐ろしい危機が迫る!

  • 旭日の艦隊 第10話 深海(うみ)からの暗殺者

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン・メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第10話 深海(うみ)からの暗殺者ジェームス西、ロナルド・パール、マリー・パーマーの3人の活動により、“影の政府”の米大統領暗殺計画の存在はトルーマン本人に知らされた。トルーマンは遂に日本との和睦を決意、連邦刑務所に収監されていた日本人ジャーナリスト・尾崎を釈放し、日本の大高首相への親書を託す。米国の和平の意志を確認した日本は、ハワイ諸島を返還することを決めた。
    一方、マリーの父であるパーマーを尾行していた西とパールは、カナダのハドソン湾に巨大な潜水艦が浮上する現場を目撃する。それは、トルーマンを暗殺するための爆撃機「マグニ」を搭載した第三帝国の潜水空母「スレイヴニル」であった。

  • 旭日の艦隊 第11話 日米和睦成立

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/岡本英樹 メカニックデザイン・メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第11話 日米和睦成立第三帝国のヒトラーが放った暗殺爆撃機「マグニ」は、ホワイトハウスの空爆に成功、大西洋へと脱出する。しかし、その「マグニ」の回収のために浮上した潜水空母「スレイヴニル S-8501潜」は、突然の攻撃を受けて撃沈する。司令長官・大石率いる旭日艦隊が、米国に与して攻撃したのであった。
    マリーらのもたらした情報によって第三帝国の卑劣な暗殺計画を辛うじてかわすことの出来たトルーマン米大統領は、日本と和睦し、アイゼンハワーに大統領の座を譲る決心をする。こうして、後世の太平洋戦争は終結の時を迎えた。
    日米連合は、ヒトラーの君臨する第三帝国を打倒することが出来るか!?

  • 旭日の艦隊 第12話 第三帝国包囲網

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/棚澤 隆・梶谷光春 メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第12話 第三帝国包囲網諜報機関・ハギス、特殊師団・霞部隊、そして旭日艦隊によるバイキング作戦が実施された。謀略によってブレスト軍港の独軍司令部を占領し、港外へ逃れる独重巡洋艦を撃沈するという計画である。ブレスト司令部は、マイントイフェルの進言を聞き容れずに撤退を拒み、危機に陥った。
    一方、米大使・ハーンの訪問を受けた大高は、独軍の途方もない悪魔的な新兵器の情報を知らされる。原爆を積んで敵地で自爆する特攻潜水艦「ホズ」の開発計画である。米軍は、その開発ドックの攻撃にあたって、旭日艦隊を囮に使う共同作戦を提案。大石は、敢えてそれを引き受けようとするのであった。

  • 旭日の艦隊 第13話 奇想! 理性の術策

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/棚澤 隆・梶谷光春 メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第13話 奇想! 理性の術策第三帝国は、恐るべき新兵器・原爆特攻潜水艦「ホズ」の完成を間近に控えていた。その開発ドックの攻撃にあたって米国が日本に提案した、旭日艦隊を囮に使うニルヴァーナ作戦には、合わせて旭日艦隊をも排除しようとする隠された意図が感じられた。それに気付きながらも、大高と大石はニルヴァーナ作戦の実行を決める。しかし、米国の陰謀を阻止すべく大高は密かに奇想作戦・理性の術策を立案していた。
    出撃した旭日艦隊は、その奇想のもとで如何なる行動をとるのか? また、ヒトラー総統要塞の上空に舞う“天狗”の任務とは!?
    そして遂に、悪魔兵器「ホズ」に出撃命令が下る……。

  • 旭日の艦隊 第14話 総統要塞襲撃

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/棚澤 隆・梶谷光春 メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第14話 総統要塞襲撃ヒトラー総統要塞への潜入に成功した霞部隊は、烏天狗作戦を遂行するべく要塞の破壊工作を行う。轟く爆音に崩れゆく要塞。霞部隊は司令室へと突入するが、作戦の最大の目的であったヒトラーの暗殺は、マイントイフェルによって阻まれてしまう。ここでヒトラーの生命を奪えなかったことが、これからの後世世界にどのような影響を与えることになるのか、それを知る者は誰もいなかった……。
    一方、いよいよその姿を現した原爆特攻潜水艦「ホズ」は、旭日艦隊の前衛遊撃艦隊らに包囲されていた。艦長・コルベは、原子炉を暴走させて「ホズ」を自爆させ、敵を道連れにしようと決意する。

  • 旭日の艦隊 第15話 暁の遡上

    脚本/竹田裕一郎 絵コンテ・演出/又野弘道 メカニックデザイン/棚澤 隆・梶谷光春 メカニック作画監督/棚澤 隆

    旭日の艦隊 第15話 暁の遡上悪魔の計画を阻止された神聖欧州帝国皇帝・ヒトラーだったが、翌照和24年、念願の英国本土攻略を果たすべく、月の兎撃ち作戦を発令する。
    その攻略戦は、北海上空における制空戦闘で幕を開けた。後世世界史上初のジェット戦闘機同士の本格的空戦であった。じりじりと独軍に追い詰められていく英国。英国支援を使命とする旭日艦隊は、その内陸部に巣食った第三帝国軍を敵として、最大の試練を迎えることとなるが、大石の指揮のもと神出鬼没の攻撃を繰り返して独軍を混乱させた。英地上軍も果敢な反攻を繰り広げ、徐々に戦線を圧迫していく。
    そして最後に、大石は捨て身の奇想作戦を決意する!

頁最上部へ