児童書


ねこと王さま

ニック・シャラット/作・絵 市田泉/訳


ページ数: 168ページ
対象年齢: 小学中学年
発売日:2019年12月10日
ISBN:978-4-19-865003-2
判型/仕様:A5判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

今から少しむかしの話。
あるお城に、王さまとねこがなかよくくらしていました。
ある日、ドラゴンのせいでお城がもえてしまったので、
王さまは、ねこといっしょに、町へ引っ越して、小さな
家で暮らすことになりました。
「王さまのしごと」のほかには何もできなかった王さま
でしたが…? 
少しずつ色々なことができるようになる王さまと、王さ
ま思いのかしこいねこの、ユーモラスで心あたたまるお話。

 著者プロフィール

ニック・シャラット
英国のイラストレーター。大学卒業後、雑誌のイラストレーションからパッケージデザインまで幅広く活躍。現在は、子どもの本の制作に精力的に取り組む。訳書に、『ちゃんとたべなさい』(ケス・グレイ作/小峰書店)などがある。本書は、シャラットが初めて文章も書いた児童文学作品。

 著者プロフィール

市田泉
翻訳家。お茶の水女子大学卒。主な訳書に『ねこはまいにちいそがしい』『銀のらせんをたどれば』(徳間書店)、『ボーンシェイカー』(早川書房)、『翼のある歴史 図書館島異聞』『図書館島』『ずっとお城で暮らしてる』(以上東京創元社)など。