児童書


くまくん、はるまで おやすみなさい

ブリッタ・テッケントラップ/作・絵 石川素子 /訳


ページ数: 25ページ
対象年齢: 3歳~
発売日:2016年11月12日
ISBN:978-4-19-864901-2
判型/仕様:29cm
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

だんだん日が短くなってきました。くまくんはおかあさんと、冬ごもりの準備をしています。「さあ、くまくん、おともだちにおやすみなさいをいいにいきましょう」とおかあさんはいいました。くまくんとおかあさんは、あなぐまやりすたちをたずねて、あいさつをします。秋のおわりを迎えた動物たちと、おかあさんと一緒にはじめて冬ごもりをする子ぐまの姿を描いた、心あたたまる絵本です。

 著者プロフィール

ブリッタ・テッケントラップ
ドイツのハンブルク生まれ。1988年に英国ロンドンに移り、セントラル・セント・マーティンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで、イラストレーションとファインアートを学ぶ。2016年に、「AlleWetter」(未訳)でボローニャ・ラガッツイ賞ノンフィクション部門優秀賞を受賞するなど、世界各国で数々の賞を受賞。現在は、夫と息子とベルリンで暮らしている。日本で紹介されている本に『手と手をつないで』(BL出版)、『いのちの木』(ポプラ社)などがある。

 著者プロフィール

石川素子 
1962年東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。ドイツ文学専攻。立教大学、関東学院大学非常勤講師。訳書に『ゼバスチアンからの電話』(共訳・白水社)、『おやすみ、くまくん』『ぼくがげんきにしてあげる』『たのしいこびと村』『ティナのおるすばん』『クララ先生、さようなら』(以上徳間書店)、『初版グリム童話集・全5巻』(吉原素子名・白水社)などがある。