児童書


フウちゃんクウちゃんロウちゃんのふくろうがっこう

こわいものにであったらのまき

いとうひろし/作


ページ数: 32ページ
対象年齢: 5歳から
発売日:2019年03月08日
ISBN:978-4-19-864826-8
判型/仕様:27cm
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

ふくろうの子ども、フウちゃんとクウちゃんとロウちゃんは、学校で、ふくろう先生に、いろんなことをおそわっています。今日の授業は、「こわいものにであったら、どうするか」です。フウちゃんたちがなかよくなった、「こわいもの」の代表、かみなりさんが授業にとびいりして、ぴかぴかゴロゴロと、はでにかみなりをならすと、たいへんなことになって…? 人気作家のユーモラスな絵本。「~ふくろうがっこう さかなをとろうのまき」の姉妹編。

 著者プロフィール

いとうひろし
1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。独特のユーモラスであたたかみのある作風の絵本・挿絵の仕事で活躍中。おもな作品に、「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊、路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさん」シリーズ(ポプラ社刊、絵本にっぽん賞受賞)、『へんたこせんちょうとくらげのおうさま』(偕成社刊)、『学校へ行こう ちゃんとりん』(理論社刊)、「ごきげんなすてご」シリーズ、『フウちゃんクウちゃんロウちゃんのふくろうがっこう さかなをとろうのまき』『ふたりでまいご』『ねこと友だち』『ねこのなまえ』『マンホールからこんにちは』『あかちゃんのおさんぽ①②』(以上徳間書店刊)など多数。