児童書


ネコ博士が語る 体のふしぎ

ベン・ニューマン/絵 ドミニク・ウォーリマン/文 野口絵美/訳


ページ数: 64ページ
対象年齢: 小学中高学年から
発売日:2019年02月20日
ISBN:978-4-19-864795-7
判型/仕様:30cm
定価:本体2,300円+税

 内容紹介

ネコ博士が、人体のしくみとふしぎを楽しく解説。人間の体は、およそ40兆の細胞でできている。細胞の話から、骨格、関節、筋肉、内臓、血液、リンパなどの役目や働き、免疫や生殖、遺伝子の働きなど、わたしたちの体についてのさまざまなふしぎにこたえる本。体のしくみのすごさを、わかりやすくときあかす科学絵本。日本語版監修は、茨木保。

 著者プロフィール

ベン・ニューマン
国際的に活躍するイラストレーター。テイト・ギャラリー、ニューヨーカー誌、ニューヨークタイムズ紙、グーグルなど、さまざまなジャンルのイラストを描いている。多くの大学でも、イラストレーションを教えている。

 著者プロフィール

ドミニク・ウォーリマン
2010年、バーミンガム大学で量子デバイス物理学の博士号を取得、2011年からサイエンスライターとして活動を始める。「ネコ博士が語るふしぎ」シリーズ続刊は、「物理」「人体」。D量子コンピュータ会社-wave Systems勤務。

 著者プロフィール

野口絵美
早稲田大学第一文学部卒。翻訳家。訳書に『大魔法使いクレストマンシー 魔法使いはだれだ』『同 トニーノの歌う魔法』(徳間書店)など。