児童書


ぼくにだけ見えるジェシカ

アンドリュー・ノリス/作 橋本恵/訳


ページ数: 224ページ
対象年齢: 十代から
発売日:2019年02月08日
ISBN:978-4-19-864793-3
判型/仕様:B6判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

ファッションに興味を持つ中学生のフランシスは、「男のくせに」とからかわれ、学校で孤立していた。ところがある冬の日、校庭のベンチでひとりで昼休みを過ごしていると、ノースリーブの女の子が同じベンチにやってきた。フランシスが紅茶を差し出すと、女の子は驚いたようにいった…「わたしが見えるの? ……あなたも死んでるの?」
幽霊の少女との友情を通して変わってゆく少年と仲間たちの姿を描く、ちょっと不思議な、あたたかい物語。

 著者プロフィール

アンドリュー・ノリス
1947年スコットランド生まれ。アイルランドの大学を卒業し、イングランドで10年間、歴史教師を務めた後、作家活動に専念。テレビのコメディや子ども向けドラマの脚本を数多く手がけるかたわら、児童文学を執筆。『秘密のマシン、アクイラ』(あすなろ書房)でウィットブレッド賞(現コスタ賞)児童書部門を受賞。ほかの作品に『名犬?エリックのおかしな冒険』(金の星社)など。

 著者プロフィール

橋本恵
翻訳家。東京大学卒。訳書に『魔法が消えていく……』(徳間書店)、「ダレン・シャン」シリーズ(小学館)、「カーシア国三部作」シリーズ(ほるぷ出版)など。