児童書


NEW!

子犬たちのあした

ロンドン大空襲

ミーガン・リクス/作 尾高薫/訳


ページ数: 216ページ
対象年齢: 小学校高学年から
発売日:2019年01月19日
ISBN:978-4-19-864766-7
判型/仕様:B6判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

第二次世界大戦下、ロンドンで空襲が始まった。爆撃音におびえた犬のミスティは、家から逃げ出して地下鉄の駅に逃げこみ、そこで2匹の子犬を産んだ。
一方、飼い主の少女エイミーは、ミスティを捜しているうちに動物愛護団体の人たちと知り合い、犬の訓練に興味をもつようになって…。子犬の成長を縦糸に、空襲下に生きるロンドン市民の日常を横糸に綴る、新たな視点の戦争児童文学。

 著者プロフィール

ミーガン・リクス
1962年ロンドンに生まれる。学習障害児の教育法を学んだ後、教職につくが、その後アメリカ、ニュージーランド、シンガポールなどで暮らす。現在は英国東部在住。

 著者プロフィール

尾高薫
翻訳家。国際基督教大学卒。児童書を中心に活躍。主な訳書に「ガールズ」シリーズ(ジャクリーン・ウィルソン作、理論社)など。