児童書


ため池の外来生物がわかる本

池の水をぬいた!

加藤英明/文


ページ数: 48ページ
対象年齢: 小学校中学年から
発売日:2018年08月25日
ISBN:978-4-19-864665-3
判型/仕様:30cm
定価:本体1,400円+税

 内容紹介

池の水をぬくことを「かいぼり」といいます。もともとは、3~5年おきに秋の終わりに行われていました。かいぼりをすると、外来生物の魚やアメリカザリガニ、アカミミガメなどが出てきます。外来生物って、なんでしょう? 外来生物は、みんな悪者なの? かいぼりを通してそんな疑問にこたえる、写真とイラスト満載の、一からわかる外来生物の本。日本に池はいくつあるのか、なぜ池を作ったのか、歴史的な側面からも外来生物を考えます。

 著者プロフィール

加藤英明
1979年静岡県生まれ。静岡大学大学院教育学研究科修士課程修了後、岐阜大学大学院連合農学究科博士課程修了。博士(農学)。静岡大学勤務。カメやトカゲの保全生態学的研究を行いながら、学校や地域社会において環境教育活動を行っている。テレビ『クレイジージャーニー』や『ザ!鉄腕!DASH!!』『池の水ぜんぶ抜く!』など幅広く活躍。