児童書


図書館にいたユニコーン

マイケル・モーパーゴ/作 ゲーリー・ブライズ/絵 おびかゆうこ/訳


ページ数: 112ページ
対象年齢: 小学校低中学年から
発売日:2017年11月30日
ISBN:978-4-19-864521-2
判型/仕様:A5判
定価:本体1,300円+税

 内容紹介

主人公のトマスは、山に囲まれた村で育った。山や森の自然のなかで遊ぶのが大好きなトマスは、本を読むのなんか大きらい。ところが、お母さんに無理やり連れて行かれた図書館で、素晴らしい司書と木でできたユニコーンに出会う! 先生のおかげで本が好きになったトマスの日常に、やがて戦争がやってきて…。本の力にみせられ、戦火から本を守りぬき、復興した村人たちの姿を、幻想的なユニコーンとともにドラマチックに描いた感動作!

 著者プロフィール

マイケル・モーパーゴ
1943年英国ハートフォードシャー生まれ。ウィットブレッド賞、スマーティーズ賞、チルドレンズ・ブック賞など、数々の賞を受賞。作品に『ゾウと旅した戦争の冬』『シャングリラをあとにして』『ミミとまいごの赤ちゃんドラゴン』(いずれも徳間書店)、『戦火の馬』『走れ、風のように』(いずれも評論社)他多数。

 著者プロフィール

ゲーリー・ブライズ
リヴァプール工芸学校でイラストレーションとグラフィック・デザインを学ぶ。はじめての絵本『くじらの歌ごえ』(ダイアン・シェルダン作 BL出版)でケイト・グリーナウェイ賞を受賞。以来、児童書のイラストレーターとして活躍をつづけている。

 著者プロフィール

おびかゆうこ
国際基督教大学教養学部語学科卒業。出版社勤務の後、ドイツ留学を経て、子どもの本の翻訳に携わる。訳書に『ねずみの家』『うちはお人形の修理屋さん』『ミミとまいごの赤ちゃんドラゴン』(以上、徳間書店)、『かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ』(福音館書店)ほか多数。