児童書


なかないで、アーサー

てんごくにいった いぬのおはなし

エマ・チチェスター・クラーク/作・絵 こだまともこ/訳


ページ数: 32ページ
対象年齢: 5歳から
発売日:2017年01月19日
ISBN:978-4-19-864330-0
判型/仕様:30cm
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

犬のデイジーは、飼い主の男の子アーサーといつもいっしょでしたでも最近はすっかり年をとってしまいました。そしてある朝、目をさますとデイジーは天国にいました。天国はきれいなところで、友だちと元気いっぱい走りまわることもできます。けれども、下の世界を見てみると…? 天国にいった犬が、男の子の悲しみを癒そうとする姿をあたたかく描いた、心に響く絵本です。

 著者プロフィール

エマ・チチェスター・クラーク
イギリス生まれ。チェルシー美術学校と、王立美術大学で絵を学び、1983年から雑誌や本のイラストや装丁の仕事を始める。1988年にマザーグース賞を受賞。絵本に「ブルーカンガルー」シリーズ、「メルローズとクロック」シリーズ(いずれも評論社)、『がんばったね、ちびくまくん』『ちびくまくん、おにいちゃんになる』(共に徳間書店)などがある。現在はロンドン西部で、夫と犬と一緒に暮らしている。

 著者プロフィール

こだまともこ
東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。出版社に勤務の後、児童文学の創作と翻訳をはじめる。創作に『3じのおちゃにきてください』(福音館書店)、翻訳に『犬のことばが聞こえたら』『ワニくんとパーティーにいったんだ』(共に徳間書店)、『はがぬけたらどうするの?』(フレーベル館)、『月は、ぼくの友だち』(評論社)、『3びきのかわいいオオカミ』「ダイドーの冒険」シリーズ(いすれも冨山房)など多数。