児童書


世界一の三人きょうだい

グードルン・メプス/作 はたさわゆうこ/訳 山西ゲンイチ/絵


ページ数: 144ページ
対象年齢: 小学低中学年から
発売日:2016年07月13日
ISBN:978-4-19-864205-1
判型/仕様:A5判
定価:本体1,400円+税

 内容紹介

両親がでかけることになったので、三年生の女の子マキシは、2歳の弟と、一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのアパートで、一週間くらすことになった。お兄ちゃんといっしょに大学の講義を受けたり、コインランドリーに行ったりと、初めてのことばかり。いろんなことが楽しくて、毎日が冒険みたい! なかよし三人きょうだいの、てんやわんやな一週間をほのぼのと描きます。

 著者プロフィール

グードルン・メプス
ドイツの児童文学作家で、子供の心の機微を丁寧に描く短編小説の名手として知られる。デビュー作「ビルギット」で1983年にチューリヒ児童文学賞を受賞。その後の作品もドイツ児童文学賞を受賞するなど、ヨーロッパで高い評価を受けている。主な訳書に、『赤ちゃんがきた!』(徳間書店)『日曜日のパパとママ』(国土社)『日曜日だけのママ』(講談社)などがある。

 著者プロフィール

はたさわゆうこ
1992年上智大学大学院文学部ドイツ文学科博士後期課程修了。現在、大学でドイツ語担当非常勤講師を務める。訳書に『ウサギのトトのたからもの』『小さいおばけ』『小さい水の精』『ぼくとヨシュと水色の空』「ひみつたんていダイアリー」シリーズ(以上徳間書店)、絵本『あおバスくん』(フレーベル館)『うさぎ小学校』(徳間書店)などがある。

 著者プロフィール

山西ゲンイチ
1971年長崎県生まれ。イラストレーター、絵本作家。『ブタコさんのかばん』(ビリケン出版)、『ブルオはいぬごやのした』(岩崎書店)、『こんもりくん』(偕成社)、『カンガルーがいっぱい』(教育画劇)、『みにくいフジツボのフジコ』(アリス館)、さし絵の作品に『だれも知らない犬たちのおはなし』(あすなろ書房)、『そばかすイェシ』(徳間書店)など。