児童書


だれか ぼくを ぎゅっとして!

シモーナ・チラオロ/作・絵 おびかゆうこ/訳


ページ数: 32ページ
対象年齢: 3歳から
発売日:2016年02月13日
ISBN:978-4-19-864105-4
判型/仕様:21cm
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

サボタは、ちいさな子どものサボテンです。いろんなサボテンたちと、大きなサボテンやしきで暮らしています。サボテンたちはいつもきれいに並んでいて、けっして相手にさわることはありません。相手に近づくことは失礼だからです。でもサボタはいつもぎゅっとだきしめてほしいと願っていました。ある日? 「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

 著者プロフィール

シモーナ・チラオロ
イタリアのサルデーニャ生まれ。イタリア国立映画学校でアニメーションを、アングリア・ラスキン大学ケンブリッジ・スクール・オブ・アートの大学院で、児童書や絵本のイラストレーションを学ぶ。2014年に、最も有望な卒業生に贈られるセバスチャン・ウォーカー賞を受賞。卒業後、絵本の制作をしながら、子ども向けテレビ番組の2Dアニメーターとして活躍。ロンドン在住。

 著者プロフィール

おびかゆうこ
国際基督教大学教養学部語学科卒。出版社勤務の後、ドイツ留学を経て、子どもの本の翻訳に携わる。訳書に『ジャックと豆の木』(福音館書店)、『クリスティーナとおおきなはこ』(偕成社)、『ぼくは、チューズデー〜介助犬チューズデーのいちにち』(ほるぷ出版)、『ねずみの家』『うちはお人形の修理やさん』『モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本』『ロバのジョジョとおひめさま』(以上徳間書店)他多数。