児童書


みどりのトカゲとあかいながしかく

スティーブ・アントニー/作・絵 吉上恭太/訳


ページ数: 32ページ
発売日:2016年07月13日
ISBN:978-4-19-864055-2
判型/仕様:28cm
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

みどりのトカゲと、あかいながしかくは、仲が悪かった。トカゲは、ながしかくを倒そうとし、ながしかくは、トカゲをつぶそうとした。戦いはなかなか終わらない。「なんのためにたたかっているの?」と小さなトカゲがたずねたとき…?  英国の新進作家が、「戦い」から「平和」への道すじを、印象的な画面をつかって描く。絵本の可能性を広げる一冊。

 著者プロフィール

スティーブ・アントニー
英国に生まれ、アメリカ合衆国で育つ。英国のサイレンセスター大学とスウィンドン大学で美術を、アングリア・ラスキン大学修士課程で子どもの本のイラストレーションを学ぶ。2014年のデビュー作『女王さまのぼうし』(評論社)は、優れたデビュー作品に与えられるオスカー・ファーストブック賞を受賞し、ケイト・グリーナウェイ賞の候補にもなった。ほかの作品に『おねがいパンダさん』(評論社)『やだやだベティ』(鈴木出版)など。英国スウィンドン在住。

 著者プロフィール

吉上恭太
1957年東京生まれ。週刊誌、児童書の編集者を経て、翻訳、編集、小説の執筆など、幅広い分野で活躍している。訳書に『デイジーのこまっちゃうまいにち』(小峰書店)、『しあわせいっぱい荘にやってきたワニ』(福音館書店)、『ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ』『かしこいさかなはかんがえた』『時間をまきもどせ!』(以上徳間書店)など。