児童書


ルイージといじわるなへいたいさん

ルイス・スロボドキン/作・絵 こみや ゆう/訳


ページ数: 64ページ
対象年齢: 小学低・中学年から
発売日:2015年09月10日
ISBN:978-4-19-864018-7
判型/仕様:A5判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

ルイージは、国境の近くにすんでいる男の子。毎週土曜日、バスにのってとなりの国にバイオリンを習いに通っています。いつも、バスにはいつも、へいたいさんがのりこみ、密輸をする悪い人はいないかお客さんの荷物を調べます。あるときから、鼻の長いへいたいさんがのりこんで、ルイージのおべんとうをのぞいたり、ケーキをつぶすようになりました。おこったバイオリンの先生は…? カラー挿絵たっぷりの幼年童話。

 著者プロフィール

ルイス・スロボドキン
1903-1975年。ニューヨークの美術学校を卒業後、彫刻家として活躍。児童文学作家E.エスティスと出会い、『百まいのドレス』(岩波書店)等の挿絵を手がける。『たくさんのお月さま』(徳間書店)がコールデコット賞を受賞したのち、子どもの本に専心するようになり、自作の絵本・児童文学を多数残した。日本で紹介されている本に、『ピーターサンドさんのねこ』(あすなろ書房)『いっしょならもっといい』(偕成社)『やさしい大おとこ』(徳間書店)ほか多数。

 著者プロフィール

こみや ゆう
1974年、東京にうまれる。大学卒業後、児童図書出版社に勤務。その後、留学を経て、子どもの本の翻訳、編集に携わる。東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。『せかいいちおいしいスープ』「テディ・ロビンソン」シリーズ(共に岩波書店)『たまごってふしぎ』(講談社)など多数。