ゼノンコミックス

北斗の拳【究極版】 ⑭

原哲夫/漫画 武論尊/原作


発売日:2014年05月20日
ISBN:978-4-19-980214-0
判型/仕様:B6判
定価:本体740円+税

 内容紹介

第三の羅将ハンとの死闘の末、ケンシロウは修羅の国こそが自らの故国であること、そして修羅の国の民が待ち望んだ救世主・ラオウ伝説の存在を知る。
力なき民のため、ラオウと誓いのため、ケンシロウは不退転の決意を固める!
“もはやおれに帰る道はない!!ラオウ伝説はおれが成す!!”

 著者プロフィール

原哲夫
1961年東京都生まれ。1983年より連載された『北斗の拳』が、社会現象を巻き起こす大ヒット。その後も『花の慶次~雲のかなたに~』『蒼天の拳』などヒット作を次々と世に出し、現在月刊コミックゼノンにて『いくさの子ー織田三郎信長伝ー』を連載中。

 著者プロフィール

武論尊
1947年長野県生まれ。1975年より連載の「ドーベルマン刑事」が大ヒット。屈強かつ男気あふれる主人公を題材にした作品が多く、1983年には「北斗の拳」で社会現象を巻き起こす。一方「史村翔」名義でも原作執筆を行っており、代表作に「Dr.クマひげ」「サンクチュアリ」など。

 関連書籍