一般書&ムック

小説「聖書」

新約篇

ウォルター・ワンゲリン/著 仲村明子/訳


発売日:2017年04月07日
ISBN:978-4-19-907078-5
判型/仕様:文庫判
定価:本体1,050円+税

 内容紹介

ローマ圧政下のエルサレム、乙女マリアから生まれた神の子イエスは、貧しい者、病気の者、悪として見捨てられた者たちを癒していた。だが、時の支配者は彼に対してしだいに敵意をつのらせていく。激しく一途にイエスを慕う弟子のシモン、悪霊から解放されたマグダラのマリア、そして裏切り者ユダの目を通して、十字架へのイエスの孤独な道のりを描きだす。聖書を知る人はもちろん、読んだことのない人も、感動とともに聖書の世界を楽しめます!

 著者プロフィール

ウォルター・ワンゲリン
神学者、文学者、物語作家。これまでに子供向けの本、詩、短編小説、神学の本などを手がけ、その数は20冊以上にのぼる。初めての小説『TheBookoftheDunCow』は全米図書賞を受賞し、ニューヨーク・タイムズのブック・オブ・ザ・イヤーにも選ばれている。

 著者プロフィール

仲村明子
東洋英和女学院短期大学英文科卒。英米文学翻訳家。主な訳書に『小さな生活者のための週末ブック』(ブロンズ新社)、『地の果てからの生還』(徳間書店)、『人類の足跡10万年全史』(草思社)など。

 関連書籍