徳間文庫

弥生、三月

遊川和彦/脚本 南々井梢/著


発売日:2020年02月07日
ISBN:978-4-19-894536-7
判型/仕様:文庫判
定価:本体630円+税

 内容紹介

『同期のサクラ』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など数々の大ヒットドラマを生み出した
稀代の脚本家・遊川和彦監督、
波瑠×成田凌主演で話題の映画を、
オリジナルエピソードをまじえ完全小説化!

ずっとどこかであなたのことが好きだった――
運命で結ばれた二人の30年を
3月だけで紡ぐ激動のラブストーリー


高校時代、互いに惹かれ合いながらも親友のサクラ(杉咲花)を病気で亡くし、想いを秘めたまま別々の人生を選んだ弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。

子供の頃描いた夢に挑み、それぞれ結婚して子供が
生まれ……。しかし人生は順風満帆ではなく、ふたりは運命の渦に翻弄されていく。
交通事故でプロサッカー選手生命を断たれ、家族と別れた太郎。災害に巻き込まれて配偶者を失った弥生。
絶望のなか、心の中で常に寄り添っていたのは互いの存在だった。

そして30年の月日を超えて届いたのは、
亡き親友・サクラからのメッセージ――。

昭和、平成、令和と時代をまたぎ、
運命に翻弄されながら、
それでも運命を信じたふたりの30年。
3月31日、物語のラスト、人生の意味に涙する――。


●●●映画版 2020年3月20日(金)公開!●●●

全国東宝系ロードショー

キャスト:波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史
小澤征悦/黒木瞳
監督:遊川和彦
ⓒ2020「弥生、三月」製作委員会

主人公の女性・結城弥生を演じるのは、数多くのドラマ・映画で活躍中の波瑠。
山田太郎、通称サンタを演じるのは、2019年の映画界で最も注目を集めた成田凌。
若くして命を落とす二人の親友・サクラ役には、2020年後期の連続テレビ小説ヒロインが決定している杉咲花。
さらに「中学聖日記」で鮮烈なデビューを果たし今作が映画初出演となる岡田健史。
小澤征悦、黒木瞳といった実力派俳優陣も脇を固め、物語に更なる成熟と深みを与えている。

 著者プロフィール

遊川和彦
1955年東京都生まれ。広島大学政経学部卒業。テレビ制作会社ディレクターを経て、1987年『うちの子にかぎって…スペシャルⅡ』で脚本家としてデビュー。2003年、スペシャルドラマ『さとうきび畑の唄』の脚本を担当、文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)を受賞する。2006年、涙そうそうプロジェクト『広島 昭和20年8月6日』(2005年8月29日、TBS)が日本民間放送連盟賞番組部門・最優秀作品に選ばれる。同年、日本テレビの連続ドラマ『女王の教室』で第24回向田邦子賞。『家政婦のミタ』で2012年東京ドラマアウォード脚本賞を受賞。2017年公開の映画『恋妻家宮本』で初監督を務める。主な作品に『学校へ行こう!』『GTO』NHK連続テレビ小説『純と愛』『過保護のカホコ』『同期のサクラ』などがある。

 著者プロフィール

南々井梢
1980年東京都生まれ。東放学園専門学校デジタル文芸科卒業後、桜美林大学文学部総合文化学科に編入、平田オリザ氏のゼミにて演技や戯曲を学ぶ。大学在学中よりライターとして活動、卒業後、音楽プロダクション、レコード会社勤務を経て、2009年、男子新体操部の青春を描いた小説「コカンセツ!」で第6回トクマ・ノベルズedge新人賞を受賞。小説のほか、舞台脚本、漫画原作等もてがける。