徳間文庫

天狗の鼻を討て

見参、諸国廻り

倉阪鬼一郎/著


発売日:2020年02月07日
ISBN:978-4-19-894534-3
判型/仕様:文庫判
定価:本体700円+税

 内容紹介

大坂の廻船問屋「浪花屋」の船が、
瀬戸内海で天狗の面を被った海賊に襲われた。
諸国悪党取締出役の飛川角之進は、
将軍家斉から命を受け、真相を探るため、
補佐役の春日野左近とともに海路で備後福山藩へ。

柳生新陰流の遣い手で、将棋の腕前は敵無しの角之進。
旗本の三男坊として育ったため、市井で行きようと
料理を習い、見世を構えていたが、
出自ゆえに大名になったこともある。

少々風変わりな経歴を持つ、快男児が悪事を成敗する。

第一章 結ばれた縁
第二章 出航
第三章 鞆の浦にて
第四章 天狗の棲み処
第五章 黒旗の海賊
第六章 死闘
第七章 帰船
第八章 蟹雑炊とふぐ雑炊
第九章 あまから屋となには屋
第十章 江戸の土
終章  大川の水

 著者プロフィール

倉阪鬼一郎
1960年三重県生まれ。早稲田大学大学院中退。87年『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。幻想小説からホラー、ミステリ、時代小説と幅広いジャンルの作品を発表している。

 関連書籍