徳間文庫

定本 バブリング創世記

筒井康隆/著


発売日:2019年09月06日
ISBN:978-4-19-894500-8
判型/仕様:文庫判
定価:本体730円+税

 内容紹介

筒井康隆の世紀の奇書が〈定本〉として三十七年ぶ
りに復刊!


筒井康隆の毒と笑いをご堪能あれ。

〈ドンドンはドンドコの父なり。ドンドンの子ドン
ドコ、ドンドコドンを生み……〉
ジャズ・スキャットで使われる
バブリングを駆使し、
奇想天外なパロディ聖書として
読書界を驚倒させた表題作ほか、
初刊文庫で未収録だった実験作品「上下左右」
(イラストは雑誌掲載時の真鍋博)を収録した
完全版。

書下しの自作解説を併録。全十篇。
(解説 井上ひさし)

〈目次〉
バブリング創世記
死にかた
発明後のパターン
案内人
裏小倉

上下左右
廃塾令
ヒノマル酒場
三人娘

自作解説 筒井康隆
解説 井上ひさし

 著者プロフィール

筒井康隆
1934年大阪市生まれ。同志社大学卒。展示装飾を専門とする会社を経て、デザインスタジオを設立。60年SF同人誌「NULL」を創刊、江戸川乱歩に認められ「お助け」が〈宝石〉に転載される。 81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2010年菊池寛賞、2017年『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。2002年に紫綬褒章を受章。 他に『時をかける少女』『家族八景』『大いなる助走』『虚航船団』『残像に口紅を』『文学部唯野教授』『聖痕』など著書多数。