徳間文庫

めぐり会い

〈新装版〉

岸田るり子/著


発売日:2019年09月06日
ISBN:978-4-19-894499-5
判型/仕様:文庫判
定価:本体720円+税

 内容紹介

悲しくて切ない想いが詰まった恋愛小説である
この作品は、読者にとって思いがけない結末を
迎える。

まさかどんでん返しで
こんなにも
泣かされるなんて

見合いで結婚した夫には好きな人がいた。
十年も前から、今も続いている。
その事実を知っても、平凡な主婦の華美には、
別れて自力で生きていくことが出来ない。
そんな彼女の癒やしは、絵を描くことだけだった。
ある日、自分のデジカメに撮った覚えのない少年と、彼が書いたと思われる詩が写っているのを見つける。
その少年にひかれ、恋をした時、
運命は、とんでもない方向へ動き始めた……。
(ノンストップ・ラブ・ミステリー)

第一章  桜の乱
第二章  バタフライ・エフェクト
第三章  恍惚
第四章  はらわたに棲む悪霊
第五章  炎に魅せられし者
第六章  失われたノート
第七章  持ち寄りピザ・パーティー
第八章  ストーカー
第九章  残されたメッセージ
第十章  逆流の旅
第十一章 怯える住人
第十二章 愛されない者、愛せない者
第十三章 連続放火魔の正体
第十四章 琵琶湖の家
第十五章 タイムスリップ
第十六章 十年前のアルバム
第十七章 めぐり会い

解説 村上貴史

 著者プロフィール

岸田るり子
1961年、京都市生まれ。パリ第七大学理学部卒。2004年に『密室の鎮魂歌』で、第14回鮎川哲也賞を受賞。著書に『密室の鎮魂歌』『出口のない部屋』『天使の眠り』『Fの悲劇』ほか。

 関連書籍