徳間文庫

走れ半蔵

婿殿開眼二

牧秀彦/著


発売日:2019年07月05日
ISBN:978-4-19-894487-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

勘定所勤めながら不得手の算術に四苦八苦し、
家付き嫁の佐和の尻に敷かれる辛い日々を送る
笠井半蔵。

登城中の勘定奉行を刺客の襲撃から救ったことで、
幕閣の影の警固を命じられた。
勘定所への出仕は猶予され、
影の御用に励むよう勘定奉行より命が下されるが、
家業をおろそかにすることに悩む半蔵だった。
そんなとき、警護先の矢部定謙が何者かに拉致されたのだ!

好評シリーズ第二弾。
(『算盤侍影御用 婿殿激走』改題)

<目次>
第一章 婿殿の憂鬱
第二章 鍛えし気組み
第三章 佞臣の素顔
第四章 走れ半蔵

 著者プロフィール

牧秀彦
1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。 時代小説作家 牧秀彦 公式webサイト http://www.maki-hidehiko.com/

 関連書籍