徳間文庫

歌わない笛

〈新装版〉

内田康夫/著


発売日:2019年06月11日
ISBN:978-4-19-894470-4
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

怒りの旋律か哀しみの調べか?
浅見光彦が挑んだ二つの死の真相!

倉敷市の山林で夏井康子が死体で発見された。
服毒し、フルートを手にしたまま…。
その五日後、婚約者・戸川健介の溺死体が
吉井川に浮かぶ。

警察は揉め事の末の後追い心中事件と断定した。
しかし、演奏会で津山市を訪れ、偶然事件と関わったヴァイオリニストの本沢千恵子は妙なことに気付いた。
康子のフルートの持ち方が左右逆なのだ!?
他殺なのか?
千恵子は旧知の浅見光彦に相談する。

恐ろしく悲しい演奏会の序曲だった。

目次
プロローグ
第一章 わたしの城下町
第二章 還らざる河
第三章 他人の関係
第四章 夜の訪問者
第五章 早春訃
エピローグ
自作解説

 著者プロフィール

内田康夫
1934年、東京生まれ。80年『死者の木霊』で作家デビュー。『後鳥羽伝説殺人事件』っで初登場した浅見光彦は国民的人気の探偵に。著作は浅見光彦シリーズのほかに、<信濃のコロンボ>竹村警部シリーズ、警視庁岡部刑事シリーズなど多数。2018年3月逝去。

 関連書籍