徳間文庫

NEW!

夏泊殺人岬

〈新装版〉

内田康夫/著


発売日:2018年12月07日
ISBN:978-4-19-894413-1
判型/仕様:文庫判
定価:本体700円+税

 内容紹介

青森県夏泊半島の椿神社を訪ねた男がその夜民宿で毒死した。江藤美香は大学の雅楽部の合宿で夏泊へ来て、その男が以前三重県の実家を訪ねてきた男らしいと知る。美香の実家もまた“椿神社”と呼ばれる神社だった。男は何かを求めて全国の椿神社を歩いていたのだ。そして部員の秀山が撲殺され、その翌日、民宿の従業員・吉野が姿を消した…。椿神社には一体何が?そして吉野の素顔とは?長篇ミステリー。

 著者プロフィール

内田康夫
1934年、東京生まれ。80年『死者の木霊』で作家デビュー。『後鳥羽伝説殺人事件』っで初登場した浅見光彦は国民的人気の探偵に。著作は浅見光彦シリーズのほかに、<信濃のコロンボ>竹村警部シリーズ、警視庁岡部刑事シリーズなど多数。2018年3月逝去。

 関連書籍