徳間文庫

たぬき芸者

大江戸落語百景

風野真知雄/著


発売日:2018年11月02日
ISBN:978-4-19-894407-0
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

江戸のはずれ、道灌山にある豆腐料理屋にふらりと入ってきた二人連れの男。料理と酒を頼み、芸者を呼んでくれという。だがこの時期、売れっ子芸者は出稼ぎに行き、残っているのは裏の年増芸者だけ。困りはてた主の茂吉の目前を、いつも残りものをやっている小さな狸が横切った。「ちょっとかわいい芸者に化けてくれないか」冗談半分で言った茂吉に小狸は「あたいでよければ」とうなずき……。人気時代作家の「読む落語」第三弾、文庫オリジナルで刊行!

 著者プロフィール

風野真知雄
1951年福島県生まれ。93年「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞。2002年、第1回北東文芸賞を受賞。15年「耳袋秘帖」シリーズで、第4回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。15年『沙羅沙羅越え』で第21回中山義秀文学賞受賞。

 関連書籍