徳間文庫

飯綱颪

十六夜長屋日月抄

仁木英之/著


発売日:2018年08月02日
ISBN:978-4-19-894375-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体740円+税

 内容紹介

深川の十六夜長屋に住む甚六は、ある日川べりで、深手を追って倒れていた巨漢を助けた。
記憶を失っていた男を「山さん」と名付け、自分が住む長屋に連れて帰り、共に暮らし始める。
長屋の一同と打ち解けてきた矢先、偶然から彼の正体を知った甚六は、いろいろなことに巻き込まれていく。
日本ファンタジーノベル大賞大賞と歴史群像大賞最優秀賞を受賞した直後に書かれた傑作時代小説を再び。

 著者プロフィール

仁木英之
1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。「僕僕先生」「千里伝」「くるすの残光」などのシリーズをはじめ、歴史・警察・伝奇など様々なジャンルを書いている。

 関連書籍