徳間文庫

悪党狩り

松平蒼二郎始末帳二

牧秀彦/著


発売日:2018年06月08日
ISBN:978-4-19-894364-6
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

花月庵蒼生と名乗り生花の宗匠として深川に暮らすのは世を忍ぶ仮の姿。実は時の白河藩主松平定信の隠し子である松平蒼二郎は、徳川の天下に仇為す者どもを闇に葬る人斬りを生業とする。宿縁で結ばれた元渡世人辰次、武家の美女澄江、医師丈之介の三人と共に、巨悪を滅ぼす闇仕置を請け負う日々。そんなある日、鞍馬流奥義を極めた能役者の兄弟が蒼二郎を襲った。剣豪小説の傑作第二弾!

 著者プロフィール

牧秀彦
1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。時代小説作家 牧秀彦 公式webサイトhttp://www.maki-hidehiko.com/

 関連書籍