徳間文庫

番神の梅

藤原緋沙子/著


発売日:2018年03月07日
ISBN:978-4-19-894320-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体650円+税

 内容紹介

桑名藩から飛び地・越後柏崎へ赴任してきた若い夫婦。二人を待っていたのは、厳しい陣屋の暮らし、海鳴り止まぬ過酷な環境だった。勘定や検見の仕事に忙殺される夫、渡部鉄之助。そして古着の着物さえ買う余裕のない妻、紀久。桑名に長男を残してきた夫婦は、故郷から持ち込んで番神堂に植えた梅の苗木に望郷の念を募らせていく。子を想いながら、日々を懸命に生きた女の一生が胸を衝く!

 著者プロフィール

藤原緋沙子
高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。小松左京主催、「創翔塾」出身。「隅田川御用帳」シリーズ、『橋廻り同心・平七郎控」シリーズ、「藍染袴お匙帖」シリーズなどがあり、2013年『隅田川御用帳』で第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞

 関連書籍