徳間文庫

つむじ風お駒事件帖

柏田道夫/著


発売日:2018年03月07日
ISBN:978-4-19-894317-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体700円+税

 内容紹介

名人​と言われた四代目​松井源水を父にもつ曲独楽師​「​ひらがなげんすい​」​ことお​​駒​は、おきゃんで一本気な十五歳。前髪を垂らし、茶筅形に束ねた総髪の男装で舞台に立つお駒を、妖しい二人連れが見ていた。彼らの狙いは母の形見​の鬼の根付​らしい。​尾行され​たお駒は、​仕返しに亡き母親譲りの手口で​巾着を​掏​るが、中には謀を暗示する書き付けが入って​いた。折しも江戸では香具師殺しが連続で発生しており…。​

 著者プロフィール

柏田道夫
青山学院大学文学部日本文学科卒業。雑誌編集者を経て、95年「桃鬼城伝奇」で第2回歴史群像大賞、同年「二万三千日の幽霊」で第34回オール讀物推理小説新人賞を受賞。映画「武士の家計簿」「GOTHリストカット事件」「武士の献立」など脚本家としても活躍、シナリオ・センター講師も務める。著書に『水に映る』『疾風独楽』『武士の料理帖』など。

 関連書籍