徳間文庫

安藤昇 90歳の遺言

向谷匡史/著


発売日:2017年12月01日
ISBN:978-4-19-894292-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体1,000円+税

 内容紹介

安藤昇と20年来の間柄による著者により「週刊アサヒ芸能」にて連載された「90歳の遺言」がシリーズ2冊を合わせて待望の文庫化。戦後のヤクザ史に新風を送った通称「安藤組」を結成、横井英樹襲撃事件を経て組解散後の俳優転向などで記憶に刻まれる安藤昇は、15年末89年の生涯を閉じたが、その苛烈な人生からほとばしる「男の作法」は、さらに広く深く人の心を揺さぶり続ける。書下ろしエピソード2編、関連資料も加えた決定版。

 著者プロフィール

向谷匡史
1950年生まれ。作家。浄土真宗本願寺派僧侶。保護司。日本空手道「昇空館」館長。安藤昇事務所(九門社)時代から20余年にわたって秘書役を務めた。

 関連書籍