徳間文庫

罠の女

警視庁極秘捜査班

南英男/著


発売日:2017年11月02日
ISBN:978-4-19-894280-9
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

東京地検特捜部の敏腕検事が少女買春の疑いをかけられ停職中に金属バットで撲殺された。検事は三つの事案を内偵中だった。大手ゼネコンによる暴力団への便宜供与。警視庁と警察庁の監察官による不祥事揉み消し。入国管理局幹部による偽装国際結婚詐欺である。極秘捜査班の剣持直樹は、恋人の弁護士を通じて検事夫人から調査を依頼された。罠を仕掛けたのは誰なのか? 長篇サスペンス。
剣持と極秘捜査班の活躍を描く人気シリーズ第4弾。

 著者プロフィール

南英男
1944年、東京生まれ。雑誌編集者を経て、青春小説、ジュニア小説などを多数執筆して人気を博す。85年『街に棲む野獣』以降、ハード・サスペンスに精力的に取り組む。著書多数。

 関連書籍