徳間文庫

明屋敷番秘録

鈴木英治/著


発売日:2017年11月02日
ISBN:978-4-19-894275-5
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

空き屋敷を調べることを役目とする明屋敷番には、裏の任があった。それは公儀の転覆を図る者には、容赦ない鉄槌を下すというもの。此度、明屋敷番を率いることとなった旗丘隼兵衛は、青山美濃守をかどわかさんとしている者どもを捕らえるために、渋谷村の黒い家を訪れた。そこで、撓る剣を操る黒装束の男が襲われて……。相次ぐ裏切りの中、隼兵衛は任を果たすことができるのか!

 著者プロフィール

鈴木英治
1960年、静岡県沼津市生まれ。明治大学経営学部卒業。99年、第一回角川春樹小説賞特別賞を『駿府に吹く風』(刊行に際して『義元謀殺』へと改題)で受賞。主な作品に「口入屋用心棒」「手習重兵衛」「勘兵衛」「半九郎」「父子十手捕物日記」「新兵衛捕物御用」「下っ引夏兵衛」「大江戸やっちゃば伝」などの人気シリーズがある。

 関連書籍