徳間文庫

女帝の密偵

雅や京ノ介

麻倉一矢/著


発売日:2017年07月07日
ISBN:978-4-19-894234-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

深川の町外れ、〈鬼灯(ほおずき)長屋〉に、奇妙な看板がかかった。〈雅(みやび)や――よろず、みやびごと伝授〉。立花、茶の湯、書道、蹴鞠、和歌、源氏物語などを教えるというのだが、およそ裏長屋にはふさわしからぬ習い事。この私塾を開いた浪人者・京ノ介は、女帝陛下の密命を帯びていた。京ノ介に襲いかかる朝廷転覆の策謀の裏には意外な黒幕が――! 人気の時代作家、注目の新シリーズ開幕!

 著者プロフィール

麻倉一矢
1947年、兵庫県生まれ。東京大学文学部卒業。1987年に、『魔宮伝』(角川書店)で作家デビュー。著書に「雅や京ノ介」(徳間書店)、「剣客大名柳生俊平」(二見書房)、「やさぐれ大納言徳川宗睦」(コスミック出版)、「無外流立志伝」シリーズ(富士見書房)などの人気シリーズがあるほか、『徳川三国志』(徳間書店)、『刀剣屋真田清四郎』(宝島社)、『豊臣家の黄金』『家康の野望』『鬼の吉宗』『一本槍疾風録』(以上、祥伝社)、『小西行長』(光文社)、『後藤又兵衛』(学陽書房)、『剣王伝』(講談社)、『吉良上野介』(PHP研究所)など多数。

 関連書籍