徳間文庫

自分を愛しすぎた女

大石圭/著


発売日:2017年04月07日
ISBN:978-4-19-894221-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

 わたしは特別。みんなとは違う。何者かになるべき存在。幼い頃から、今井花梨はそう思い込んできた。三十二歳になった今は、もう、いくら何でもそんなふうには考えない。考えられない。それでも、『人に注目されたい』『みんなから羨ましがられたい』という強迫的な願望から、どうしても逃れられずにいる……。そんな花梨が陥った罠は、あまりにもエロティックな匂いに満ち満ちていた。

 著者プロフィール

大石圭
1961年、東京都出身。法政大学文学部卒業。93年、『履き忘れたもう片方の靴』で第30回文芸賞佳作を受賞し、デビュー。『アンダー・ユア・ベッド』『殺人勤務医』『絶望ブランコ』など、著書多数。映画「呪怨」のノベライズも話題に。

 関連書籍