徳間文庫

臨時特急「京都号」殺人事件

西村京太郎/著


発売日:2017年03月03日
ISBN:978-4-19-894218-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体680円+税

 内容紹介

新製品キャンペーンのため、豪華な展望車とコンパートメント車両の臨時列車で京都に向かった時計会社の社長令嬢・楠木かおりが忽然と姿を消す。だが、彼女には失踪や自殺の動機は見当たらない。そんな折、列車内で女性客の縊死体が発見される。謎が謎を呼ぶ難事件に十津川警部の推理が冴え渡る! 西村鉄道ミステリー初期の代表的長篇。

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。トラベル・ミステリーの第一人者。65年『天使の傷痕』で第10回江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞、2005年、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。著作は570冊を超えた!

 関連書籍