徳間文庫

そのときまでの守護神

日野草/著


発売日:2017年02月03日
ISBN:978-4-19-894201-4
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

上野の美術館の前庭にある彫刻≪地獄の門≫の前で、水曜日十一時に頼みたい仕事の内容を話すと“泥棒の守護神”が現れるという奇妙な噂が。半信半疑で訪れた、造形作家TOKIWAのマネージャー篠原健。彼女が亡くなり噂を信じたくなったのだ。「盗んで欲しいのは、あのひとの遺体と一緒に棺におさめられるもの」だが何も起こらない。守護神などいない、そう思ったとき何かが手元へ落ちてきて――。あなたにとって不要なモノが、誰かの大切なモノかも。

 著者プロフィール

日野草
1977年東京都生まれ。2011年『ワナビー』で第二回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。著作に『GIVER』『BABEL』『恋愛採集士』『ウェディング・マン』がある。