徳間文庫

真田合戦記 

義信謀叛

幡大介/著


発売日:2017年02月03日
ISBN:978-4-19-894199-4
判型/仕様:文庫判
定価:本体650円+税

 内容紹介

 武田の新参者である真田を筆頭とする滋野一党は、北方の脅威・上杉輝虎を防ぐ盾となって損耗戦を強いられていた。そのような状況下でも、幸綱の跡取りたち真田信綱・昌幸兄弟は、武田の部将として地歩を固めつつある。弱肉強食の戦国の世を渡るため、真田家としての去就をどうするべきか悩む幸綱であったが、信玄の継嗣・義信が駿河の今川家と内通して謀叛を企てた嫌疑に連座した。真田の真骨頂は「両天秤」。とはいえ、幸綱はいかに切り抜ける!?

 著者プロフィール

幡大介
1968年、栃木県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。

 関連書籍