徳間文庫

虹の不在

第Ⅱ捜査官

安東能明/著


発売日:2017年02月03日
ISBN:978-4-19-894192-5
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

 元高校物理教師という異色の経歴を持つ神村五郎は、卓越した捜査能力により、平刑事なのに署内では署長についでナンバー2の扱い。「第二捜査官」の異名を取る。相棒の新米女性刑事・西尾美加は高校在職当時の教え子だ。飛び降り自殺と思われた事件の真相に迫った「死の初速」をはじめ、死体のない不可解な殺人事件を追う表題作「虹の不在」など四篇を収録。管内で発生する難事件に蒲田中央署刑事課盗犯係の捜査官たちが挑む大好評警察ミステリ-。

 著者プロフィール

安東能明
1956年静岡県生まれ。明治大学政治経済学部卒。94年「褐色の標的」で第7回日本推理サスペンス大賞、2001年『鬼子母神』で第1回ホラーサスペンス大賞特別賞、10年「随監」で第63回日本推理作家協会賞短篇部門受賞。近年、警察小説の名手として注目を浴びる。近刊に『広域指定』『伴連れ』『侵食捜査』など。

 関連書籍