徳間文庫

乱丸 地

宮本昌孝/著


発売日:2017年01月07日
ISBN:978-4-19-894190-1
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

 近侍たちの中でも信長の厚い信頼を得る万見仙千代に亡き兄の俤を重ねる森乱丸は、才気ほとばしる言動で頭角を現してゆく。長年の宿敵であった本願寺を降し、朝廷さえ足下に組み伏せる勢いの信長であったが、その心の裡は孤独だった。百年の乱世を畢わらせ、天下をひとつにすることを己に任じる信長が第六天魔王ならば、乱丸は魔王の子。乱丸にとって主従の絆は絶対のものだった。

 著者プロフィール

宮本昌孝
1955年静岡県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、手塚プロ勤務を経て執筆活動に。95年、『剣豪将軍義輝』で、一躍脚光を浴びる。おもな代表作は『海王』『ふたり道三』『夏雲あがれ』『家康、死す』『風魔』『陣借り平助』など。『乱丸』で2015年第4回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。近著に『ドナ・ビボラの爪』がある。

 関連書籍