徳間文庫

ロック、そして銃弾

私立警官・音場良

浅暮三文/著


発売日:2017年06月02日
ISBN:978-4-19-894172-7
判型/仕様:文庫判
定価:本体650円+税

 内容紹介

神戸で警官射殺事件が起き、拳銃が奪われた。犯人は海外逃亡中と思われていた元連合赤軍の一人。なんとしても地元で検挙したい神戸県警の野崎は、東京の警視庁捜査一課の土橋を通じ、彼の元部下ロックこと音場良ことに協力を依頼する。
翌朝、東京で18歳の女性タレントが行方不明になった。彼女が所属する芸能プロダクションの社長は、ロックに捜索を依頼したいと元妻で現役警官の亜子の元を訪れる。東と西で起きた事件はやがて……。

 著者プロフィール

浅暮三文
1959年、兵庫県生まれ。関西大学経済学部卒業。コピーライターを経て、1998年、『ダブ(エ)ストン街道』でメフィスト賞を受賞しデビュー。2003年、『石の中の蜘蛛』で日本推理作家協会賞長編部門受賞。