徳間文庫

青嵐薫風

平賀源内江戸長屋日記

福原俊彦/著


発売日:2016年08月05日
ISBN:978-4-19-894134-5
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

元讃岐藩士の平賀源内は、研究や発明をするため、家督を妹婿に譲り、江戸・神田で暮らしている。ある日、同じ長屋に住むお梅に頼まれ、閑古鳥がないている和菓子屋の建て直しを頼まれた。かつて夏に売れ行きの悪い鰻を売る相談を受けて、成功したのを知ってのことだ。しぶしぶ引き受けるが、己の知識と人脈で、意外な菓子を作り出す。万事が順調と思えた矢先、和菓子屋の主人が殺された。

 著者プロフィール

福原俊彦
1977年東京都生まれ。榎本秋の筆名で歴史解説書や新書、評論を多数手掛け、2014年『裏門切手番頭秘抄(一) 青雲ノ閃』で小説家デビュー。主な作品に『書物奉行、江戸を奔る!』『裏門切手番頭秘抄』などのシリーズがある。

 関連書籍