徳間文庫

しばられ同心御免帖

杉澤和哉/著


発売日:2016年05月07日
ISBN:978-4-19-894107-9
判型/仕様:文庫判
定価:本体640円+税

 内容紹介

町娘の憧れ、定町廻り同心・邑雨真十郎は「しばられさま」と呼ばれ、いつも追いかけ回される超絶美男。冴えない忍法を駆使?する、自称「べっぴん改方」の手下・久吉とともに江戸の平和を守るため、今日もアッと驚く方法で悪党を退治する! 「白無垢を持ちなさい!が決め台詞の真十郎にベタぼれの女武芸ゆきわ、火盗改方長官・佐渡谷平八郎&町奉行・根岸鎮衛のドSコンビ、お色気ムンムンの女盗賊お美弥ら、あぶないキャラ勢揃いの悶絶捕物時代活劇!

 著者プロフィール

杉澤和哉
1973年、北海道釧路市生まれ。ウェイター、講師などの職を転々とし、現在はバーテンダーを生業としている。けれども、下戸。時代劇との出会いは幼少時に遡る。テレビのスイッチを入れた刹那、いきなり「御免!」とひどく生真面目な面持ちで侍が斬り込んでくるシーンに出会し、大笑い。以降、テレビ時代劇や時代劇映画の虜となる。馬に引っ張られる座頭市を目の当たりにしてからというもの、「演じてる役者は真剣だが思わず吹き出してしまう」場面を見つけるのに没頭する。「先生!」と呼ばれ、颯爽と現れ、一刀の下にあっけなく斃される用心棒を演じるのが生涯最高の夢。20歳頃から本格的に小説の執筆をはじめ、地元サイトでの掲載がきっかけとなり、ナナ・コーポレート・コミュニケーションから、『こんたん』『さしがね』で念願のデビューを果たす。甘味をこよなく愛し、散歩も趣味だが比を見ぬ方向音痴。深更に惑い、オリオン座だけを頼りに帰宅した貴重な経験を持つ。座右の銘は「オハギはのどごし」。