徳間文庫

震撼の太刀

織江緋之介見参 六 〈新装版〉

上田秀人/著


発売日:2016年05月07日
ISBN:978-4-19-894103-1
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

大挙襲来した刺客から将軍家綱を救った織江緋之介のもとに新たな危機が迫る。家綱失墜を企てる堀田正俊の命で、大奥別式女衆の武芸達者が緋之介暗殺に動いたのだ。かつてない強敵と対峙する緋之介。そこにさらなる難局が。妖刀村正をめぐる幕府領袖の熾烈な争奪戦に許婚の真弓が巻き込まれた。徳川家に祟る村正に隠された神君家康の驚愕の秘密とは。緋之介は愛する者を、幕府を護れるか。

 著者プロフィール

上田秀人
1959年大阪府生まれ。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に単行本『孤闘立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞。主なシリーズに「将軍家見聞役元八郎」「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」(以上、徳間文庫)、「闕所物奉行裏帳合」(中公文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人大奥記録」(以上、光文社文庫)、「奥右筆秘帳」「百万石の留守居役」(講談社文庫)、「妾屋昼兵衛女帳面」「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)などがある。そのほかにも『傀儡に非ず』『峠道 鷹の見た風景』(以上、徳間書店)、『梟の系譜宇喜多四代』(講談社文庫)、『鳳雛の夢』(光文社文庫)など著書多数。

 関連書籍