徳間文庫

ふたり女房

京都鷹ヶ峰御薬園日録

澤田瞳子/著


発売日:2016年01月07日
ISBN:978-4-19-894057-7
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

京都鷹ヶ峰にある幕府直轄の薬草園で働く元岡真葛。ある日、紅葉を楽しんでいると侍同士の諍いが耳に入ってきた。「黙らっしゃいッ!」――なんと弁舌を振るっていたのは武士ではなく、その妻女。あげく夫を置いて一人で去ってしまった。真葛は、御典医を務める義兄の匡とともに、残された夫から話を聞くことに……。女薬師・真葛が、豊富な薬草の知識で、人のしがらみを解きほぐす。

 著者プロフィール

澤田瞳子
1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒、同大学院修士過程修了。専門は奈良仏教史。2011年初の長篇小説『孤鷹の天』で第17回中山義秀文学賞受賞。2作目『満つる月の如し』で「本屋が選ぶ時代小説大賞2012」(オール讀物)受賞。

 関連書籍