徳間文庫

あまから春秋

若さま影成敗

倉阪鬼一郎/著


発売日:2015年12月03日
ISBN:978-4-19-894056-0
判型/仕様:文庫判
定価:本体630円+税

 内容紹介

旗本の三男坊・飛川角之進。湯島三組町の「田楽屋」という料理屋で修行し、剣も将棋も敵なしの腕前の彼は、湯屋の娘と一緒になったのを機に独立して、店を構えた。
あたふたとしながらも頑張る二人の前に、十手持ちの仁吉が世間を騒がしている辻斬りがいるという話をもってきた。
その事件について、以前、角之進のお付きだった草吉からも、あることが……。
読むとお腹が空いてくるお料理時代小説の最新作。

 著者プロフィール

倉阪鬼一郎
1960年生まれ。三重県生まれ。早大卒。印刷会社勤務を経てホラー作家としてデビュー。代表作に『百鬼譚の夜』『赤い額縁』『屍船』『首のない鳥』など。近年は『小料理のどか屋』を始めとする書下し時代小説シリーズを各社で手掛けている。

 関連書籍