徳間文庫

愛されて候

日比野左内一手指南 三

牧秀彦/著


発売日:2015年10月09日
ISBN:978-4-19-894027-0
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

相思相愛の日比野左内と茜姫であったが、二人はまだ男女の仲に至っていない。父殺しの汚名を着せられて出奔した兄を見つけ出し、その潔白を証明するまでは、誰とも深い仲にはなるまい。左内は、そう心に決めているのだ。二人が甘く切ないすれ違いをした夜、左内の前に弊衣の浪人者が現れた。その人物こそ、日比野博之進、三十四歳。長く行方知れずとなっていた、腹違いの兄であった。『五坪道場一手指南』(講談社文庫)を大幅加筆するシリーズ第三弾。

 著者プロフィール

牧秀彦
1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。東芝経理部に6年間勤務後、剣と創作の道を突き詰める時代作家業に挑み現在に至る。「辻番所」(光文社文庫)、「暗殺奉行」(双葉文庫)など、人気シリーズ多数持つ。

 関連書籍