徳間文庫

仇討ちの客

高瀬川女船歌 六

澤田ふじ子/著


発売日:2015年07月03日
ISBN:978-4-19-893989-2
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

旅籠の柏屋に奇妙な客が……父の仇を追う十四歳の上沼大炊助、加奈母子と下僕の安五郎だった。加奈は労咳で寝込んでおり、大炊助の剣の腕もいま一つで仇討ちに不安がよぎる。安五郎は積荷人足として働いていたが、路銀にもこと欠き、博打で稼ごうと賭場へ行くことになった。安五郎は賽の目を詠む天賦の才があり、その日二十五両もの大金を稼いだのだ。が、賭場には行ってくれるなと諭す加奈。尾張屋の宗因が考えた妙案とは!? 人気シリーズ第6弾!

 著者プロフィール

澤田ふじ子
1946年愛知県生まれ。愛知県立女子大学(現・愛知県立大学)文学部卒。75年「石女」で第24回小説現代新人賞、82年『陸奥甲冑記』『寂野』で第3回吉川英治文学新人賞を受賞。古代から近世を舞台に、資料を駆使した独自の視点による歴史小説を執筆。

 関連書籍