徳間文庫

あんでらすの鐘

高瀬川女船歌 五

澤田ふじ子/著


発売日:2015年05月01日
ISBN:978-4-19-893970-0
判型/仕様:文庫判
定価:本体660円+税

 内容紹介

評判の悪い焼き物問屋の彦市郎と、街中で一触即発の状態にあった明珠。彼は大寺の医僧を努めていたが、看病していた高僧が死んでしまったため、更に蘭方をもって接していたという理不尽な理由で寺を追い出されたというのだ。「尾張屋」の主・宗因らの勧めで町医となったが、彦市郎に薬草の煎じ薬を飲ませたことから事態は思わぬ展開を…。高瀬川に集う人々の喜びと哀しみを綴る人情時代小説の傑作シリーズ!

 著者プロフィール

澤田ふじ子
1946年愛知県生まれ。愛知県立女子大学(現・愛知県立大学)文学部卒。75年「石女」で第24回小説現代新人賞、82年『陸奥甲冑記』『寂野』で第3回吉川英治文学新人賞を受賞。古代から近世を舞台に、資料を駆使した独自の視点による歴史小説を執筆。

 関連書籍