徳間文庫

銭とり橋

高瀬川女船歌 三

澤田ふじ子/著


発売日:2015年01月07日
ISBN:978-4-19-893929-8
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

故郷の川にかかる粗末な丸太橋をかけかえようと、長らく托鉢を続ける僧の普照。苦労の末に集めた金は十両。が、その金をならず者たちに奪われてしまったのだ。失意の普照を助けようと、高瀬川界隈で評判の居酒屋「尾張屋」の主人・宗因が一肌脱ぐことに。大店の主たちが金を出そうとするが、本人は申し出を拒否するのだ……。
人間の気高さと愚かしさ。市井に生きる人々の哀歓を描いた人情時代小説の傑作シリーズ!

 著者プロフィール

澤田ふじ子
1946年愛知県生まれ。愛知県立女子大学(現・愛知県立大学)文学部卒。75年「石女」で第24回小説現代新人賞、82年『陸奥甲冑記』『寂野』で第3回吉川英治文学新人賞を受賞。古代から近世を舞台に、資料を駆使した独自の視点による歴史小説を執筆。

 関連書籍