徳間文庫

安倍晴明あやかし鬼譚

六道慧/著


発売日:2014年07月04日
ISBN:978-4-19-893861-1
判型/仕様:文庫判
定価:本体670円+税

 内容紹介

稀代の宮廷陰陽師として名を馳せる安倍晴明も齢八十四。そんなあるとき自分が「光の君」と呼ばれる人物になっている夢を見た。夢は一度にとどまらず、見るたびに晴明は現実世界でどんどん若返ってゆく。夢の怪異ばかりか巷では、大内裏北面の「不開の門」が開き死人が続出していた。そして中宮彰子のまわりでも後宮の女たちの帝の寵愛をめぐる諍いが巻き起こっていた。まさにそのころ紫式部が執筆中の「源氏物語」と奇妙な符合を示しながら…。

 著者プロフィール

六道慧
東京都出身。1988年に「大神伝」(ソノラマ文庫)でデビュー。時代小説作家としての代表作は「御算用日記」シリーズ、「御家人風来抄」シリーズなど。ライトノベルで培われたキャラクターの魅力と斬新なアイデアが魅力の女流作家。

 関連書籍