徳間文庫

破邪の剣

用心棒血戦記

鳥羽 亮/著


発売日:2014年01月08日
ISBN:978-4-19-893783-6
判型/仕様:文庫判
定価:本体630円+税

 内容紹介

幕府の隠密葵十三郎は、彦里藩の家臣から刺客になってほしいと頼まれた。その標的とは藩主の次男房之助! 藩主の座を狙って国許にもどる、それまでに討ちとってほしい――。房之助の非道な仕打ちで身内を失い、脱藩して討っ手となった者の想いを受けた十三郎は助太刀を決める。しかし警固にあたっているのは直心影流の遣い手たち。最凶の敵との死闘をひかえ、十三郎の知略が冴え渡る。

 著者プロフィール

鳥羽 亮
1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。

 関連書籍